金沢敏明のF1結果解説!スパ・フランコルシャンのベルギーGPはハミルトンが完勝

スパ・フランコルシャンのベルギーGPはハミルトンが完勝

F1GPの中でも屈指のハイスピードサーキットでもあり、1周のコース長さはNo.1のスパ・フランコルシャンで行われたベルギーGPは、メルセデスのルイス・ハミルトンが磐石のレースで優勝した。

 

予選から圧倒的に速かったメルセデス勢は、周りのチームが堅いタイヤで苦戦している中、メルセデスだけは、他チームとは次元の違う速さだった。
パワーユニットにも大きな差が出た。
これはある程度予想通りだったが、ロータスやフォースインディアは、直線での速さは破格だった。

 

しかし、同じメルセデスのパワーユニットでもウィリアムズは大苦戦となってしまった。
ダウンフォースを稼ぐためにウイングに角度をつけたのが裏目に出て、直線ではオーバーテイクの格好のターゲットとなってしまった。
特にDRSが使えない状況では、悲惨なものだった。

 

フェラーリも予想よりもパワー不足感があり、他チームと好勝負するのがやっとの状況で、予選でベッテルが9位と苦戦した。

 

 

新スタートでも大きな波乱はなし

 

チームの無線によるスタートのアシストが禁止されて、ドライバーが全てを請け負うことになった新スタートは、心配されたが、大きな波乱も無くスタートできた。
残念だったのが、とても速かったフォース・インディアのヒュルケンベルグがスタートできなかったことだろう。
非常に勿体無かった。

 

レーススタート直後はベッテルがジャンプアップに成功した。
ハミルトンは危なげなくトップでいけたが、ロズベルグは失敗して6番手ぐらいまで落ちてしまった。
しかし、そこは最速のマシーンだけあって、周を重ねるたびに順位をアップしていき2番手を奪い返した。

 

スパ名物のオールージュからのキャメルストレートでのオーバーテイクが多くみられてとても面白いGPでした。

 

ハミルトンは本当に危なげなくレースを進めて、ロズベルグが近づくとタイムをあげて突き放す完璧なレースでタイヤのマネージメントしっかりできていて、チームからピットイン支持にもまだタイヤがあるからいけると余裕の発言まで飛び出した。

 

レースが残り2周の所で3位走行中のベッテルのタイヤがストレートでバーストしてリタイヤ(完走扱い)した。
ベッテルは、他のドライバーが2ストップ、3ストップの所を1ストップで乗り切ろうとしていたことによるタイヤの消耗からのバーストとみられる。

 

フェラーリやベッテルはタイヤメーカーのピレリを猛烈に批判していたが、タイヤメーカーが推奨するラップ以上を走行してのことなので、フェラーリのギャンブル的な作戦にも問題があったと金沢敏明は思います。

 

これによりベッテル攻略に苦戦してたグロージャンが3位のポジションを獲得して久しぶりのポディウムを獲得した。

 

 

このままで良いのか?F1GP

 

パワーユニットになり、開発にもかなりの制限がされるようになってF1の1強時代が非常に長く続いている。
メルセデスのパワーユニット開発能力は非常に凄いのは誰もが認めるところだろう。
パワーも凄いし安定性も高く非の打ち所もない感じだ。

 

逆にルノーはパワー不足で、安定性も疑問視されたが、最近になって少しずつ復活の兆しもみえてきた。

 

フェラーリは、昨年から今年になって大きくパワーユニットが向上して、メルセデスには及ばない物の、他チームを圧倒できる所まで成長した。

 

ホンダは、大苦戦が続いている。
圧倒的なパワー不足と、信頼性も低い。

 

昔のF1の場合は、開幕当初に圧倒的に速かったマシーンもシーズン終盤になった時には、他チームと競うレベルにまで迫られることが多かった。
それは、>開発に制限がなかったからだと思う。

 

そのために多くの開発費がかかったが、チーム同士が競争しあう大変面白いF1が観れていたと思う。

 

しかし、今のF1は開幕での力関係がそのままシーズンを通してかわらない感じで、面白みが非常に薄くなる。
気象などのハプニングやトラブルが無い限りメルセデスが圧倒的なのがここ数年あたりまえのようになっている。

 

パワーユニットの開発がお手上げならば、しょうがないことだと思うが、PUの開発メーカーもろくにテスト開発もできない縛りによって、試したいことを制限されていて歯がゆい状況になっている。

 

私は世界最高のカーレースなのがF1であり、ある程度のお金がかかってでもドライバーの最高の技術と自動車メーカーの最高のエンジンやパワーユニット開発、そして考え抜かれた空力設計の凄いマシーンにファンは魅了されるのだと思います。

 

制限ばかりで押さえつけるのなら世界最高のGPとは呼べない気がします。
メルセデスのPUをパワーダウンさせるのではなく、他のPU開発メーカーが成長して混戦になるのなら、やらせるべきだと私は思います。
もちろんメルセデスもさらなる開発を進めてもっと速くなればよいと思います。

 

F1を運営している人達とファンの間には温度という溝が徐々に深くなっている気がしてなりません。
今の内に手を打たないとファン離れが加速して、モーターレース人気も一気に下降することも考えられる気がします。
そして、技術が無くてスポンサーがあるドライバーがF1に乗るのではなく、しっかりとした技術の高いドライバーがシートを獲得できるように、順位によるチームに支払うお金をもっと高くして、持参金を気にせずにチームがドライバーを選べるように変更してもらいたいです。

 

F1人気を下火にしないで、この辺りで歯止めをかける打開策を講じるべきだと思います。

関連ページ

ロシアのソチGPは大波乱の中ハミルトンが勝利
F12015ソチGPの結果について金沢敏明が解説していきます。
ハミルトンが復活の優勝 鈴鹿での日本GPは初優勝
ハミルトンの日本GPでの復活を金沢敏明が解説。
大波乱のシンガポールGPの結果 遂にメルセデスの牙城が崩れる
F1シンガポールGPの結果について金沢敏明が解説していきます。
ハミルトンがペナルティーを回避してモンツァを優勝
F1イタリアGP2015の結果について金沢敏明が独自の視点で解説していきます。
見ごたえ十分だったハンガリーGPはベッテルが制す!
ベッテル優勝の原動力はなんだったのか?金沢敏明が考える。
イギリスGPはハミルトンがピット作戦で勝つ
イギリスGPの結果について金沢敏明が解説していきます。
オーストリアGPはロズベルグが勝利!
またしてもメルセデスの圧勝!2015オーストリアGPのレース結果
ハミルトンがカナダGPを完勝!モナコの雪辱果たす
F1カナダGP2015結果について金沢が解説していきます。
棚からぼたもちロズベルグが連勝 モナコGPは3連覇
伝統のモナコGPの結果を金沢敏明と考えてみる
ロズベルグが今季初優勝 スペインGP2015
F1スペインGPはロズベルグが優勝
ハミルトンが優勝 2015中国GP
中国GPの結果について金沢敏明が解説していきます。
ベッテルがフェラーリ移籍後 初優勝マレーシアGP
ベッテルが復活 マレーシアGP2015を金沢敏明が解説
2015年もメルセデスの1強が続きそう F1開幕オーストラリアGP
2015年もF1開幕 金沢敏明が解説
スパ・フランコルシャン(ベルギーGP)の結果
F1の結果について金沢敏明の感想を書いていきます。
ベルギーGPスパ・フランコルシャン予選の結果
F1の結果について解説していきます。
F1 ハンガリーGPの結果と、ここまでの状況
F1の結果について解説していきます。
イタリアGP予選の模様
F1の結果について解説していきます。
イタリアGP決勝の結果
F1の結果について解説していきます。
まさにベッテルのための1週間!圧巻の内容
F1の結果について解説していきます。
韓国GPの結果
F1の結果について解説していきます。
F1日本グランプリ結果
F1の結果について解説していきます。
セバスチャン・ベッテルがワールドチャンピオンに
F1の結果について解説していきます。
リカルド2位からまさかの失格になったF1オーストラリアGP
F1の結果について解説していきます。
F1マレーシアGPの結果
F1の結果について解説していきます。
メルセデスの強さが抜けていたバーレーンGP
F1の結果について解説していきます。
レッドブルの力関係は逆転している?
F1の結果について解説していきます。
ロズベルグが勝利 オーストリアGP
F1の結果について解説していきます。
イギリスGPは、ハミルトンが勝利!ロズベルグはリタイア
F1の結果について解説していきます。
ロズベルグが地元ドイツで優勝
F1ドイツGPの結果について解説していきます。
ハンガリーGPは、波乱の連続!
F1のハンガリーGPの結果について解説していきます。
F1ベルギーGPの予選と結果報告
F1のベルギーGP結果について解説していきます。
F1イタリアGP フェラーリ地元で結果残せず
F1の結果について解説していきます。
大接戦のシンガポールGP ナイトレース
F1のシンガポールGPについて解説していきます。
F1日本GP開幕 メルセデスの強さは相変わらず
F1日本GPの結果について解説していきます。
初開催のロシアGP結果
F1の結果について解説していきます。
F1アメリカGP 決勝結果
F1アメリカGPの解説していきます。
ハミルトンが2014ワールドチャンピオンに輝く
最終戦のアブダビGP。