まさかの結果!ロズベルグが優勝 金沢敏明の考察

棚からぼたもちロズベルグが連勝 モナコGPは3連覇

予選をワンツーで終えたメルセデスチームは、スタートも無事に決めて1位ハミルトン、2位ロズベルグで1周目を終えた。

 

ベッテルは3位からジャンプアップを狙ったが、交わすことはできなかった。
上位勢でスタート直後に順位を上げたのが、クビアトだった。
チームメイトとリカルドを交わして4位に上がった。

 

 

抜けないモナコという代名詞が示すように、コース上でオーバーテイクすることは神業に近い
チャンスがあるのが3ヵ所だが、逆に言えばそこでブロックラインをとればよほどのことが無い限りオーバーテイクされない。

 

1周で2~3秒速い車でも抜けないと言われているのがモナコなのだ。

 

 

少し抜け出したハミルトンは、快調にリードを広げていくがロズベルグはベッテルにプレッシャーをかけられる周回が続く。
ベッテルが先に動いてアンダーカットを試みるも、抜くことはできなかった。

 

 

ライコネンは、リカルドを相手にオーバーカットを狙って成功した。
圧倒的にレースペースがよかったライコンネンでもコース上では抜けなかった。
そのために、タイヤを温存してリカルドのピットイン後に猛烈なアタックをして、ピットアウトで逆転した。

 

 

このまま何事もなく終わるのかと思った時に大きなクラッシュが起きる。
10位のグロージャンに11位のフェルスタッペンが接触して壁に正面から突っ込んだ。
大きなケガもなくレースは、今年から採用されたバーチャルセーフティーカーが初めて適用された。

 

フェルスタッペンは、抜けない状況を見かねてタイヤ交換をしてフレッシュなスーパーソフトを履いていた。
そして、ロズベルグとベッテルの真後ろで走れるペースだったために、周回遅れで2台が抜く隙を利用して、11位までポジションを回復していた。

 

グロージャンとのペースの違いも明らかだった。
クラッシュを見たときは、フェルスタッペンは焦りすぎたなと金沢敏明は思ったが、リプレイを見るとグロージャンのブレーキのタイミングが非常に速かったのがわかった。

 

真後ろにいたフェルスタッペンは予期せぬブレーキに、慌てて避けようとしたが間に合わなかったようにも感じた。
ちょっと不運な事故にも思えた。

 

 

このセーフティーカー後にまさかの展開になる

 

残り周回数も少ないことから、ステイアウトを選択するマシーンが多かった。
上位陣もそうすると思われたが、後続とのタイム差が大きくあるドライバーはフレッシュなタイヤに替えていた。

 

ハミルトンも20秒以上の差を持っていたので、チームは保険でタイヤの交換をした。
しかし、予想よりも2位のロズベルグが早く周回を重ねたために、ハミルトンは、ロズベルグとベッテルの後ろに下がる事になってしまった。

 

 

ハミルトンは、前の2台も入るものだと思っていたようだが、抜けないモナコでポジションを下げるようなことはするはずもなく、残り数周で逆転しなくてはならなくなった。

 

最速のハミルトンがフレッシュなタイヤでアタックしたが、2~3周走ったところで抜けないことを確信してそのまま3位でフィニッシュした。
思わぬところから勝ちが舞い込んできたロズベルグはモナコGP3連覇となり、セナ以来の快挙となった。

 

ライコネンは、押し出されるような形でリカルドに抜かれて6位と順位を下げた。
オープニングラップでアロンソが同じコーナーで同じような接触をして5秒のペナルティを受けたのに対して、リカルドにはお咎めなしの判定がでたのには、金沢敏明もビックリした。
統一性のあるジャッジをしてほしかった。
被害を受けた車の被害の状況でジャッジを変えているように思えた。
行為に対してしっかりとジャッジするべきだと思う。

 

 

最後にハミルトンには非常に可哀想な結果になった。
せめてベッテルを押さえ込んで2位のポジションでピットアウトできていれば、チームオーダーでポジションを返してもらうこともできたかもしれないが、あの状況ではどうにもならなかった。

 

モナコGPは伝統と格式があるレースだが、抜けないレースは観ていて暇でしかない。年1回のスペシャルなGPだとはわかるが、せめて1ヶ所でも改善して、オーバーテイクポイントを作ってくれたら面白くなると思う。

関連ページ

ロシアのソチGPは大波乱の中ハミルトンが勝利
F12015ソチGPの結果について金沢敏明が解説していきます。
ハミルトンが復活の優勝 鈴鹿での日本GPは初優勝
ハミルトンの日本GPでの復活を金沢敏明が解説。
大波乱のシンガポールGPの結果 遂にメルセデスの牙城が崩れる
F1シンガポールGPの結果について金沢敏明が解説していきます。
ハミルトンがペナルティーを回避してモンツァを優勝
F1イタリアGP2015の結果について金沢敏明が独自の視点で解説していきます。
スパ・フランコルシャンのベルギーGPはハミルトンが完勝
金沢敏明が解説!ベルギーGPの結果
見ごたえ十分だったハンガリーGPはベッテルが制す!
ベッテル優勝の原動力はなんだったのか?金沢敏明が考える。
イギリスGPはハミルトンがピット作戦で勝つ
イギリスGPの結果について金沢敏明が解説していきます。
オーストリアGPはロズベルグが勝利!
またしてもメルセデスの圧勝!2015オーストリアGPのレース結果
ハミルトンがカナダGPを完勝!モナコの雪辱果たす
F1カナダGP2015結果について金沢が解説していきます。
ロズベルグが今季初優勝 スペインGP2015
F1スペインGPはロズベルグが優勝
ハミルトンが優勝 2015中国GP
中国GPの結果について金沢敏明が解説していきます。
ベッテルがフェラーリ移籍後 初優勝マレーシアGP
ベッテルが復活 マレーシアGP2015を金沢敏明が解説
2015年もメルセデスの1強が続きそう F1開幕オーストラリアGP
2015年もF1開幕 金沢敏明が解説
スパ・フランコルシャン(ベルギーGP)の結果
F1の結果について金沢敏明の感想を書いていきます。
ベルギーGPスパ・フランコルシャン予選の結果
F1の結果について解説していきます。
F1 ハンガリーGPの結果と、ここまでの状況
F1の結果について解説していきます。
イタリアGP予選の模様
F1の結果について解説していきます。
イタリアGP決勝の結果
F1の結果について解説していきます。
まさにベッテルのための1週間!圧巻の内容
F1の結果について解説していきます。
韓国GPの結果
F1の結果について解説していきます。
F1日本グランプリ結果
F1の結果について解説していきます。
セバスチャン・ベッテルがワールドチャンピオンに
F1の結果について解説していきます。
リカルド2位からまさかの失格になったF1オーストラリアGP
F1の結果について解説していきます。
F1マレーシアGPの結果
F1の結果について解説していきます。
メルセデスの強さが抜けていたバーレーンGP
F1の結果について解説していきます。
レッドブルの力関係は逆転している?
F1の結果について解説していきます。
ロズベルグが勝利 オーストリアGP
F1の結果について解説していきます。
イギリスGPは、ハミルトンが勝利!ロズベルグはリタイア
F1の結果について解説していきます。
ロズベルグが地元ドイツで優勝
F1ドイツGPの結果について解説していきます。
ハンガリーGPは、波乱の連続!
F1のハンガリーGPの結果について解説していきます。
F1ベルギーGPの予選と結果報告
F1のベルギーGP結果について解説していきます。
F1イタリアGP フェラーリ地元で結果残せず
F1の結果について解説していきます。
大接戦のシンガポールGP ナイトレース
F1のシンガポールGPについて解説していきます。
F1日本GP開幕 メルセデスの強さは相変わらず
F1日本GPの結果について解説していきます。
初開催のロシアGP結果
F1の結果について解説していきます。
F1アメリカGP 決勝結果
F1アメリカGPの解説していきます。
ハミルトンが2014ワールドチャンピオンに輝く
最終戦のアブダビGP。