クビアトが事実上の降格レッドブルからトロロッソへ|金沢敏明が解説

クビアトが事実上の降格レッドブルからトロロッソへ

若手で注目のドライバーとしてレッドブルに昨年昇格したクビアトだったが2戦連続でスタート直後に接触を起こして事実上の降格となった。

 

これは非常にレアなケースだと思います。
シーズン中にドバイバーの移籍は非常に稀で、難しいことなのですが、レッドブルはトロロッソという下部組織的なチームを保有しているためにチーム間での移籍が契約に織り込まれていたようで、すんなりとチーム間移籍が決まった。

 

 

ビッグチャンスを得たフェルスタッペン

 

トロロッソからレッドブルへ逆に昇格が決まったのは、フェルスタッペンだった。
オールドファンは、フェルスタッペンと聞くと違う人を思い浮かべると思いますが、そのフェルスタッペンの息子なのです。

 

F1史上最年少の17歳でデビューして衝撃のパフォーマンスを見せていたが、こんなに早くトップチームに上がれるとは金沢敏明は思っていませんでしたが、将来は必ずメルセデス、フェラーリ、マクラーレンのような伝統のある最上位チームへ移籍すると誰もが思っている逸材。

 

レッドブルは今年もPUをルノー製を使うのだが、今後の開発は自分達で行うことになっています。
ルノーのアップデート待ちではなく、自分達で変更可能になるので、どこまでメルセデスやフェラリーのPUに近づけるか?
自分たちの車にマッチしたPUにできるのかが注目されています。

 

シャーシやダウンフォースは非常に高いと言われているので、上手くアップデートができれば、フェルスタッペンのポディウムに立つ可能性も非常に高いかもしれません。

 

チームメイトのリカルドから学ぶ事も非常に多いと思いますし、今後も成長を続ければ将来のチャンピオン候補になれる逸材なのは間違いないと思います。

 

 

クビアトの走りとはこのレベルだったのか?

 

中国GPでスタート後の1コーナーにベッテルの内側に飛び込んだクビアトの強引な仕掛けにレースを終わらすわけにはいかないベッテルは外側に進路変更を余儀なくされたが、そちらにはチームメイトのライコンネンが居てチームメイト同士の接触になりライコネンはピットインを余儀なくされるダメージを負ってしまった。

 

ベッテル最終的に2位となりクビアトも3位と2人の結果は悪くなかったが、ベッテルはクビアトの行為に怒りが収まらずレース後に詰め寄ってたが、クビアトは大きな反省もなく「僕は今後もこのようなリスクを取る」と発言していた。

 

そして今回のロシアGPの2コーナーでベッテルはイン側を走っていたが今度は後ろから追突をされた。
その追突をしてしまったのがクビアトだった。
タイヤをロックさせてしまい止ることができなかった。

 

それにより今回はクビアトのチームメイトでもあるリカルドまで巻き込んでしまった。
それだけでは終わらず続く左コーナー中に再度ベッテルに追突してとどめを刺すかのような追突で1周目のリタイヤへと追いやった。

 

今回はクビアトも非常に反省して関係各所に謝罪や電話をしたようだが、2戦連続だった事やリカルドのレースまでダメしてしまった事もあってか、シーズン開幕からまだ間もない4戦目で事実上の降格となった。

 

来期には、フェルスタッペンが昇格するだろうと予想されてはいたが、結果次第ではまだレッドブルに残る可能性も多いにあったクビアトだったが、この2戦のレースをみればこの処置も仕方がないと思う。

 

 

ドライバーのレベルが落ちている?

 

もちろんの話だが、レースなので多少のアグレッシブな攻めは認められるはずだが、度が過ぎるのはどうかと金沢敏明は思う。

 

アロンソやバトンのようなベテランは攻めながらも相手の逃げ道もしっかりと明け渡しながら激しいレースをする。
そのために見ていても安心しながらも熱いバトルが楽しめる。

 

最近の若手のドライバーは、アグレッシブルなだけで相手のその後の事を考えられず多重クラッシュになってしまう事が多い気がする。

 

昔はF1ドライバーはまさに最高のテクニックを持つ人達の集まりだった印象だが、今のドライバーはスポンサー集めが上手い結構速いドライバーというのが金沢敏明の印象だ。

 

決して世界一の舞台に立つべきレベルでない人達が多くなっている。
全てのドライバーがそうだとは言っていない。
しっかりと上手い人も多いですし、若手でも凄いドライバーはいる。
しかし、それ以上に紙一重の魚雷と言われる様な無茶な走りをするドライバーが多いのは確かな事だ。

 

私は、FIAにも問題があると思っている。
スポンサーを持ってくるドライバーを使わなくてはチーム事情が厳しくなるので優先せざる得ない中堅、下位チームのことを考えれば、せめて年間の獲得ポイントによる分配金を高くすれば、技術の高いドライバーを使うことをチームが真剣に考えるような気がします。

 

スポンサー料よりドライバーズポイントによる分配金が上げる事が、F1のレベル維持や向上に繋がるよう思う。

関連ページ

日本でも有料放送だけになってしまったF1GPの将来は?
金沢敏明が2016年のF1を占う!
マクラーレンホンダが初ポイントを獲得 モナコGP
マクラーレンホンダが初ポイントを獲得したモナコGPを金沢敏明が解説します
レッドブルがF1を去る可能性も?
ここの所話題になることが多いレッドブルの撤退の話題を金沢敏明が解説
マクラーレンホンダがなんとか完走 オーストラリアGP
金沢敏明のF1ニュース!オーストラリアGPでマクラーレンホンダが完走
マクラーレンホンダがテストスタートも・・・
2015シーズン開幕前のテストを金沢敏明が解説
レッドブルの来期のシート争い
白熱するウエバーの抜けたシート争いは?!金沢敏明の予想
ザウバーチームは大丈夫なのか?
財政難が取り立たされているザウバーチームの情報を金沢敏明が考えてみる
今週のF1はスパ・フランコルシャン
伝統のスパのコースは金沢敏明も大好きなサーキット!
レッドブルのシートはリカルドが獲得
ウエバーの抜けたシートは同じオーストラリア人のウエバーが獲得!
マッサが来期はフェラーリを離れると発表!
これまで長きに渡ってフェラーリのNo.2ドライバーを務めてきたマッサがチームを離れる|金沢敏明ニュース
今週のF1はシンガポールGP
トワイライトレースというF1で唯一のレースが行われるシンガポールGPを金沢敏明が解説!
今週はアメリカGP
アメリカGPの見どころや注目点を金沢敏明が考える。
F1の2014年変更点 最終戦のポイント2倍
F1界が終焉に向かう?新ルールがあまりにも馬鹿げている。ルール変更を金沢敏明が独自に解説
M.シューマッハがスキーで重体
F1界のスーパースターがまさかの意識不明。シューマッハがスキー事故に
小林可夢偉がケータハムのシートを獲得!今期からF1復帰!!
F1の乗ることも難しい昨今。可夢偉がシート獲得の明るい話題を金沢敏明が解説
最終戦のポイント倍のルールをなぜ止めることができなかったのか?
F1の最新ニュースを金沢敏明がご紹介します!
2014年のF1マシーンが酷いフォルム
時代に逆行したダサいフォルムが話題になっているF1ニュースを金沢敏明が解く
ヘレスのテストで明暗くっきり
開幕前の重要なヘレステストを金沢敏明が採点します!
2014年のF1予選改革案が話し合われる?
F1の最新ニュースをご紹介します!
遂に今週末に2014年のF1GPが開幕する
大波乱の予感2014F1開幕前情報を金沢敏明がお伝えします。
2014年のF1を初めて観た感想
F12014のレース回顧を金沢敏明が行いました。
F1ドイツGPにもワールドカップの影響が
F1ドライバーもサッカーが好き?開催中のグランプリでもワールドカップの話題が盛り上がる。
ベッテルがレッドブルから移籍することが決定
遂にベッテルが移籍!憧れのフェラーリへ金沢敏明のF1ニュース
マクラーレンの最後のシートはJ・バトンに決定!
アロンソのパートナーはバトンに決定