金沢敏明のメジャー帰りの選手の優遇のわけ

メジャー帰りの選手はなぜこんな大型契約ばかりなのだろう?

今年は、メジャーから日本球界に多くの選手が戻ってきそうな感じがしている。

 

 

今決まっているだけでも、松坂投手がソフトバンク入りが決まっているし、中島選手のオリックス入り決まった。

 

 

そしてその2人の契約条件が非常に凄い。

 

松坂投手は、レッドソックス移籍後2~3年は活躍していたが、その後10勝もできない状況で、昨年は先発ローテーションに入ることすらできなかった。

 

 

そんな成績だが年俸は4億円+出来高で、3年契約という優遇ぶり。
はっきり言って、こんな大金をつぎ込む価値はないはずだと金沢敏明は思ってしまう。

 

日本時代と同じような活躍ができるなら、この金額は安いかもしれないが、全盛期ほどの球の勢いも感じられない状況で、10勝できるのかも微妙だと思う。

 

せめて年俸を下げて、出来高を大きくするぐらいのリスクを考えておくべきだったのではないか?
日本人選手が4億円の金額をもらうには、15勝は最低ラインかと思う。
この数字をこえることができるのか、注目したい。

 

 

もう一人の中島も大きな契約を手にした。

 

中島選手は、オリックスと4年総額15億円の契約になった。
1年当たりの年俸はどれくらいかはわからない。
出来高も含めた総額だけの発表だったから。

 

 

それにしても大型契約に間違いはない。
中島選手はメジャーに出場する事すらほとんど無かった状態の選手がこれほどの契約になったは異常な感じだと思う。

 

 

西武時代は、右打者ながら右方向にもホームランを打てる遊撃手で、WBCの日本代表にもなっていたし、足も速くて守備範囲も広くて肩も強かった。

 

まさに3拍子そろった素晴らしい選手だったが、メジャーに挑戦したが全く通用しなくて日本球界に戻ることになってしまった。

 

 

昔のような活躍ができれば、この金額は納得ですが、どの程度期待していいのかも未知数。
オリックスの契約がどうなっているのかも微妙ですが、年俸2億円ぐらいが妥当な評価だと思います。

 

 

2人ともどのような活躍になるかにもよりますが、メジャー帰りで大活躍している選手は未だいない状況なので、あまり期待しないでいた方がよいのかもしれませんね。

関連ページ

日ハム大谷投手が先発
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
残り試合数が40試合前後のチームの順位状況
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
バレンティンが独走の51号 月間17本の日本新記録
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
マー君がシーズン無敗をかけて登板
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
今夜23連勝をかけて田中将大登板!
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
やはり巨人ブランドは強い!
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
ポスティングシステムはやはり上限が20億円になりそう!
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
スター選手達の契約更改が続々
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
バレンティンがDVで逮捕
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。