金沢敏明の移籍情報など!

やはり巨人ブランドは強い!

今年のFAで注目されていた広島の大竹投手と、西武の片岡内野手が共に巨人入りを表明した。

 

どちらの選手も、他の球団の方が金銭面で高い評価をしていたのに、やはり憧れには勝てずに、巨人を選択しました。

 

巨人は、中日から井端内野手の獲得もしており、弱点だった二塁手が一気に激戦のポジション争いになりました。

 

片岡を獲るなら、井端はいらない気がしてしまうのですがね。
片岡は、長距離打者ではないが、ある程度の打率と俊足が売りの選手で、つなぎの野球にも対応が可能で、井端と少し被る気がします。

 

そもそも、巨人がウィークポイントとしていた二塁のポジションに補強は必要だったのでしょうか?
昨年から寺内や中井などやっと成長してきた若手が出てきたのに、その若手にチャンスの場がなくなると、せっかく芽が出かけたのを潰してしまう可能性があると思います。

 

難しい選択ですが、巨人が他球団から獲得を狙うならそのポジションで日本一と言われる選手だけで十分のような気がします。

 

ちなみにこれは、現状の話です!
それくらい、今は各ポジションが充実していると思います。

 

 

ポスティングシステムがヤバそう

 

話は変わりますが、ポスティングがやばい方向に進もうとしています。

 

今年球団も納得して、ポスティングでメジャーリーグ挑戦する予定だった田中将大投手でしたが、ポスティングシステム自体が日米間で成立しない状況になってきました。

 

メジャーの球団からすると青天井の現状のポスティングはとてもハイリスクで、ある一部の球団しか参加ができないと思っているようです。

 

そこで、今噂されているのが、上限を20億円にするプランだそうです。
ちょっとこれは、日本の球団が納得できない数字ですよね。

 

そして上限を作ると複数の球団が同額になる可能性が多くなり、その後は多くの九段との交渉をしなくてはならなくなり、移籍する選手も代理人がいるとはいえ大変です。

 

そして、ここまで育ててきて放出するチームにしても、ダルビッシュや松坂のように、50億円近い金額で移籍したの見ているだけに、20億円で納得できない場合もありそうです。

 

特に今年の田中投手は50億円は確実と思われていただけに、半額以下になると球団は困ってしまいます。

 

そして一番つらいのが、田中投手です。
今年が最後だと思ったからこそ、日本シリーズでの無理な登板までしたと思います。

 

マー君はメジャーに挑戦したいのにできない。
チームが許していてもです。

 

NPBがメジャーの言いなりにならないことを願っています。
MLBにばかり、有利な状況には絶対にしないように強気な交渉をしてほしいと思います。

金沢敏明

関連ページ

日ハム大谷投手が先発
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
残り試合数が40試合前後のチームの順位状況
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
バレンティンが独走の51号 月間17本の日本新記録
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
マー君がシーズン無敗をかけて登板
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
今夜23連勝をかけて田中将大登板!
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
ポスティングシステムはやはり上限が20億円になりそう!
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
スター選手達の契約更改が続々
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
バレンティンがDVで逮捕
日本のプロ野球の結果&情報をお伝えしていきます。
メジャー帰りの選手はなぜこんな大型契約ばかりなのだろう?
契約情報をお伝えしていきます。