金沢敏明のダルビッシュ情報!

ダルビッシュが10勝目

レンジャーズのダルビッシュ有投手が、勝ち星を二桁にした。

 

この日はホームで行われたダイヤモンドバックス戦で先発で登板。

 

7回無失点で14奪三振の好投だった。
そして無四球で凌いだのが大きかった。

 

ランナーは出すものの、後続をしっかりと抑えての快投だった。
この所好調のフォーシームで序盤は抑え、途中からスライダーで仕留めるパターンに変わった。

 

最速も98マイルとストレートの数字も素晴らしく、まさにエースの活躍だった。

 

14奪三振というのは、今年はこれで4度目になり、レンジャーズのスーパースターのノーラン・ライアンの記録を更新した。
(1シーズンの記録)

 

奪三振数はトップで、防御率も2.66と優秀な数字。

 

途中勝てなかったのがウソのような数字です。

 

2年目に入り、メジャーへの慣れもあるかもしれないが、凄い成長をしているように感じる。
無駄なフォアボールが減っているし、大量失点することも非常に少なくなってきた。

 

今年は西地区に好調のアスレチックスがいるため2位となっている。
3位以下とは8ゲーム以上の差があり、まさにアスレチックスとのマッチレースの展開になっている。

 

しかしアメリカンリーグのワイルドカード争いでは、0.5ゲーム差の3位になっているので、このまま勝ち星をしっかり拾っていければ、地区優勝は逃しても最後のトーナメントには出場できる可能性が高い。

 

チーム成績だけを見れば、アスレチックスを凌ぐ数字を残しているだけに、後半戦に逆転の可能性は、かなりあるのではと思っています。

 

 

同じ地区のエンゼルスの補強の失敗

 

それにしても、同じ地区にいるエンゼルスは悲劇的だ。

 

一昨年にプホルスを獲得して、大注目されたがエンゼルスに移籍してからは、カージナルスの時のような輝きは見せてくれいない。

 

そして今シーズンからは、レンジャースからハミルトンを獲得して、左右でメジャー屈指の強打者を揃えたのだが、そのハミルトンも酷い数字になっている。

 

特にハミルトンは、リーグが変わったわけでもなく、地区もそのままで数字が一気に落ちるとは思えなかったのですが、打率も.226と日本なら二軍に落とされてもおかしくない成績。

 

観ているファンにはたまらない打線のはずなのだが、どうしても機能しないのが残念に思える。

 

ダルビッシュと同じ地区なので復活されると非常に厄介になるが、いちファンとしては復活を願いたい。

 

できればアスレチックスを叩いて欲しい所です(笑)

 

今年のダルビッシュの活躍なら、17、18ぐらいの勝ち星には届くと思うので、この調子で頑張ってもらいたいと思います。

金沢敏明

関連ページ

元広島ソリアーノが名球会入り?
メジャーリーグの結果&情報をお伝えしていきます。
イチロー選手が日米通算で4000本安打達成!
メジャーリーグの結果&情報をお伝えしていきます。
来年のマー君のメジャー挑戦は無くなった?
メジャーリーグの結果&情報をお伝えしていきます。
イチローはどうする?
メジャーリーグの結果&情報をお伝えしていきます。
田中将大投手がヤンキースと破格の契約
メジャーリーグの結果&情報をお伝えしていきます。
メジャーでのマー君(田中将大)の投球
メジャーリーグの結果&情報をお伝えしていきます。
ヤンキースが今年もピンチ
メジャーリーグの結果&情報をお伝えしていきます。