リオオリンピックは日本はメダルラッシュだがスタジアムは…

リオオリンピックは日本はメダルラッシュだがスタジアムは…

残りも少なくなってきましたが、日本国内は非常な盛り上がりをみせています。
連日のメダルラッシュにワイドショーやニュース番組では、見飽きるほど日本人の活躍を何度も放送しています。

 

しかし金沢敏明が気になったのは、スタジアムの様子です。
競技によって多少は違いがあるとは思いますが、特に注目を集めるような競技の決勝がない陸上スタジアムの空席の状況が酷いことになっています。

 

4年に1度しかないスポーツの祭典で、空席が目立つというのはかなりの問題だと思います。
開催前にチケットが110万枚売れ残っているなどのニュースがありましたが、当日には売れるだろうと金沢敏明は思っていましたが、そんなに甘い世界ではありませんでした。

 

半分も埋っていない客席もあったりとアスリートたちが目指す舞台には、到底感じられない状況になっている日もあります。
国技と言っても良い地元ブラジル戦のサッカーですらほんの少しですが空席があったりしていました。

 

ブラジルと言えば経済が成長してGDPが増えている発展している国というイメージで景気が良さそうに感じましたが、それは極一部の人間だけで、一般の市民たちにしてみれば、チケット代が高いと感じるようです。

 

それでもロンドンよりも最安値席は値下がりしているのですが、それでも手が出ないようです。
これは、ブラジルという国の治安も大きな影響を与えていると思います。

 

海外から多くの旅行者がオリンピックを観戦に来るのが通例ですが、ブラジルの治安の悪さは深刻で行こうと多くの人が取りやめたとの話も聞きます。
オリンピックは選手たちの多くの憧れであり目標である舞台なのに、観客席にお客さんがいない状況で競技をさせられてしまうのは非常に悲しいことだと金沢敏明は思います。

 

ブラジルの政府がチケットを購入して市民に配布してでも、オリンピックを盛り上げるべきだと私は思います。
今回は特にロシアのドーピング問題などもあり始まる前から負の話題が多く、盛り上がりにかける大会になりそうだとは思っていましたが、予想以上な感じがします。
次回の2020年は東京での開催となりますが、リオのようなチケットがあまるような事がないように治安面も含めてしっかりと宣伝して、選手が100%の力を発揮できるような環境を作っていかなくてはいけないと思います。

関連ページ

浅田真央さんが現役引退を発表
女子フィギュアを支えてきた浅田真央ちゃんが現役引退を表明しました。
やはり高校野球は女子禁制?マネージャーがグランドから出される?
気になるスポーツ情報を金沢敏明が独自の考えで解説!