やはり高校野球は女子禁制?マネージャーがグランドから出される?

やはり高校野球は女子禁制?マネージャーがグランドから出される?

ちょっと話題になっているニュースなので取り上げてみました。
大分の学校が甲子園での練習中に女子マネージャーを普段どおりに、ノッカーへのボール出しとして使うためにユニフォームを着させて守備練習をしていた所、大会関係者に制止されてしまったようです。

 

高野連の大会規定でグラウンドに立てるのは男子のみとなっているようです。
こういうルールは格式や神聖さを重んじる理由だったらある程度納得がいきます。

 

例えば大相撲の土俵は男性しか乗れないようになっています。
しかし高校野球のルールで女子がグラウンドに立てない理由が危険防止という、とても曖昧なルールになっているのが金沢敏明には納得ができません。

 

だったら男子では危険じゃないのか?
女子がグラウンドに立つと危険なら学校の練習でも女子マネージャーがグラウンドに入ることを禁止する必要はないのか?
普段の練習から女子マネージャーが協力をしているのに本番ではダメというのはあまりにも酷いルールのように思えます。

 

 

時代に合ったルールに変更するべき

 

大きく時代は変わってきています。
しかしルールに関しては大きな問題が起きない限り変更しない事が非常に問題だと金沢敏明は思っています。

 

女性が高校野球選手権大会で行う甲子園のグラウンドに立つべきではないという古い考えを通したいのなら、回りくどい危険防止なんていう言い訳じみた事を言わずにハッキリとルールとして女性は立てないとすれば良いと思います。

 

普段の練習からサポートする女性マネージャーの練習参加を認めるような、時代に合った寛大なルールにするのもありだと思います。

 

女子マネージャーにボールが当たるなどの事故で、何か合った時に自分たちの保身を考えているのなら、女子のケガをする可能性を心配するよりも、まずピッチャーの球数など制限するべきだと思います。
確実に無理な登板や球数がたたって選手生命を終わりにしてしまう球児もいます。
その怪我も高野連がしっかりとしたルールを決めないので、若くして肘や肩を壊してしまっていると思います。
そういう選手が出た場合も自分達がルール改正しなかったのが原因だと感じるべきです。

 

逆に球児は野球人生を終わらせても良いくらいの気持ちで大会に挑んでいるはずで、それは女子マネージャーも高校生活の大事な1~3年を野球部に費やしてきており、甲子園を目指す気持ちは同じだと思います。

 

せめてグラウンドに立たせられないのであれば、開会式の入場行進の時にプラカードを持つ役目を女子マネージャーにやらせてあげる事ができる選択権などを配慮してあげても良い気がします。
全く関係の無い高校の女子よりは、自分達をサポートしてくれたマネージャー(男性も可)にした方が良いのは明らかだと思います。

 

今後のルール改正を願いたい所ですね!

関連ページ

浅田真央さんが現役引退を発表
女子フィギュアを支えてきた浅田真央ちゃんが現役引退を表明しました。
リオオリンピックは日本はメダルラッシュだがスタジアムは…
テレビで観ていたリオオリンピックで金沢敏明が気になったことを書きます。